仕事を辞めるのは簡単ではない

仕事を辞めるのことを相談したことがある。

決まって言うのは、「次の仕事はどうするの?」とか、「すぐに探したほうがいい」とか。

彼らにとっては、何らかの仕事をするのは当然なのである。

実は狙っているのは基本的には仕事をしない、してもバイト程度のセミリタイアなんだけど、そんなことは誰も理解してくれない。

まあ、別に理解なんてしもらわなくてもいい。自分は自分だ。

でも問題もある。収入がなくなることだ。

こんなにサボりまくっているが、実は平均年収の1.5倍位の収入を得ている。はい、明らかに貰いすぎです。でもその代わり数年の任期があるけどね。つまりは派遣みたいなもの。相当な成果が出せなければクビ。まあ、普通か。。

辞めるということは収入がなくなるということだ。それでも、こんなことを予想して毎月収入のかなり部分を貯蓄に回してきたのでそれなりに貯金はある。だからメシ代くらいならもう働かなくても困ることはないだろう。

しかし世の中そんなに甘くない。それこそ実家に住み着いてニートでもやっていれば別だが、普通はメシ代なんて序の口。アパート、光熱、健康保険に年金に税金にと、月々何もしなくても10万くらいは軽く飛んでいく

だから今の日本は基本的には働かないと生きていけない社会なのだ。

もう今の仕事は一刻も早く辞めたい。精神的には問題ないが、最近体調がすこぶる悪い。睡眠もおかしいし、ロクなことはない。でもそう簡単には辞められないのだ。趣味のFXも全然儲かっていないし

辞める前に解決できる問題かどうかは分からないが、せめて年間200万くらいを、会社などに頼らずに稼ぎ出せる方法を作らないといけない。まずは宝くじでも買ってみるか。。。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする