「死にたい」という口ぐせ

「あーやだ、もう死にたい」こんな独り言が口癖になっていたことがあった。

別にカッコつけてるわけでも心底絶望していたわけでもないが、そういう想いがゾワッと湧き上がってくるのだ。だからふっとした時についついつぶやいていた。

前向きに考えなきゃダメだ、死にたいと思った時にはいいことを思い起こすような訓練をしよう。とか妙な努力をしていたこともあった。確かに少しは効果がある。けどまー、治らなかった。でもしばらくしてもっと大切なことに気がついた

「本当は死にたいわけじゃない。ただ現状から逃げたいだけ。」

そりゃそうだろう、と思われるかもしれない。でも当事者は案外こんなことすらわからなくなっているものである。そっか、逃げたいだけか。とわかってからは、ゾワッと感情が湧き上がって「死にたい」と口ずさんでしまった時に、「いやいや、逃げたいだけでしょ?」と自分で自分にツッコミをいれるようになった。

すると不思議なもので、もう死にたいという口ぐせは出無くなった。

大体、非常に限定された狭い社会に否定されたくらいで死んでいたら勿体ない。せっかく生まれたのだから。生きる意味は自分なりでいいし、せめてそれを見つけるまでは死んだら勿体ない。

「ものは考えよう。」言うのは楽だが実践はそう簡単じゃあない。でも口ぐせ1つでこうも気持ちが変わるものらしい。

今は自分なりの幸せを見つけるために、なるべく前向きに仕事をやめられるチャンスを模索している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする